So-net無料ブログ作成
検索選択

営業零課接待班 [安藤祐介]

表紙のイラストが気になり手に取りました。
学習塾やITベンチャーの営業職などを経て、2007年にデビューした安藤祐介の作品です。
2010年4月に単行本で刊行され、2012年4月に講談社文庫から文庫化されました。


苦手な営業に異動となり、ついにリストラ勧告まで受けたマジオこと真島等は、接待専門の「営業零課」で再起を図ることに。
落ちこぼれ社会人のマジオと仲間たちは修羅場を乗り越え、年間売上50億という無謀な目標を達成できるのか!?


就職氷河期世代から共感の嵐!」と帯に書いてありましたが、社会人になってもう長い私でもかなり楽しく読めました。
タイトルから分りますが、営業で接待がテーマのお仕事小説です。
営業は出来ないということでプログラマ、SEの世界に足を踏み入れた私としては、営業の仕事に共感できるはずもないのですが、それでも面白かったです。
接待と称して仕事でお酒を飲まなければいけないというのは、まず私には出来ないなとは思いましたが。

続刊があっても良さそうな感じではありますが、どうせなら同じような感じで、別の職種で書いてもらいたいですね。
他にも何作か単行本で刊行されていますが、文庫化されているのはこれ1作なので、他の作品も早く文庫化してほしいですね。




nice!(90)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 90

コメント 1

iruka

営業
難しい仕事です。
どんな人と お付き合いしたいか。
誠実さと
信頼できる人かな
by iruka (2012-10-19 20:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。