So-net無料ブログ作成
検索選択

秘密屋 [永堀大介]

文庫ではないのですが、以前から気になっていた作品でした。
「E★エブリスタ 電子書籍大賞」で角川書店賞(ミステリー部門)受賞作だそうです。
作家は、この作品がデビュー作の永堀大介。
1989年生まれの23歳。若いですね~。

なんとか大賞受賞、などに弱い私。
正直なところ、内容紹介がほとんどない作品を買うのは少し躊躇しました。
文庫と違ってお値段も少しお高めだし。
まあ、500ページ超えの文庫を買う感覚で思いきって買ってみました。

内容としては、いろいろな秘密を売り買いする「秘密屋」という職業(?)が題材の作品。
個人的には、帯で菜々緒のコメントとして書いてあるような「どんでん返しに次ぐどんでん返しの連続に、息がとまりそうになりました!」。。。ということもなく、淡々と読み進めました。
1ページあたりの文字数もページ数も文庫に比べてたいしたこともなく、あっという間に読めてしまいました。
う~ん、特にそれほどの感動も感銘も受けなかったですね。

なんだか続刊がありそうな感じですが、正直このまま続けて買うかどうかは微妙です。
次回作に期待したいところではあるのですが。。。




nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 35

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。