So-net無料ブログ作成
検索選択
ネット書店 ブログトップ
前の1件 | -

ブックオフオンライン 宅本便(買取) [ネット書店]

Wikipediaや解説目録などから興味を持った作家を見つけ、さらにネット書店で検索してその作家の作品を調べて面白そうだと思った作品を購入する。
好きな作家の作品だけでなく、こういう買い方をしているとどうしても失敗はあります。
読み終わってつまらないと感じたもの、まあ面白かったが個人的には好みじゃなかったものなど。
一度は読んだけど、もう読まないなぁという本がこれまでに結構な数があります。

書棚もそろそろ空きが少なくなったこともあり、少し処分しようと思いました。
基本的にはもう二度と読まないと確信しているものだけでしたが。
最近買って一度だけ読んだものもあれば、去年より前に買っていたものもあります。

利用したのはブックオフオンラインの宅本便という買い取りサービス。
ネットで回収を依頼して、ネットで印刷した買い取り確認票を箱に入れて後は待つだけ。
非常に楽でした。

ブックオフオンライン

ほとんど文庫でしたが数冊の単行本や新書も含んで全部で95点。
少し小さめの段ボール箱で2箱でした。

土曜日の昼頃申し込んで翌日には回収、水曜日には買い取り金額が出ました。
ほとんどが一度読んだだけの新しい本でしたが、95点で4000円弱。
少々がっかりしましたね。
明細は全くなしで、どの本がいくらだったのか分かりません。
まあ、これを知らせてしまうと買い取り単価がばれてしまうからでしょうね。
でも、せめて10円が何冊、50円が何冊とかくらいは出して欲しいと思いました。

私はこういった買い取りのお店でアルバイトすらしたことはありませんが、きっと一部の買い取りリストに載っている本以外は全て「その他」で10円とかなんでしょうね~。
文庫はだいたい150円くらいで売っているので、そのくらいじゃないと儲けが出ないんでしょうね。
儲けどころか売れるまで在庫をかかえることになるから、赤字になるのかな?

とはいえ...仮に1冊500円で購入したとしても95冊で47500円。
売って手元に残ったのは4000円弱。
う~ん...
向こうも買い取ったものに利益を乗っけて売らなければいけないので仕方がないですね。


きっと私がハズし過ぎなんですね。
こんなに売ってもいいと思う本があるのもおかしいんですね。
まあ、それでも購入した本の3分の1でしかないですが.....

これからはずっと手元に置いておきたいと思える本を選べるように、もっと読書眼を鍛えねば。
今後の最大の目標ですね。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | - ネット書店 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。