So-net無料ブログ作成
検索選択
松岡圭祐 ブログトップ
前の1件 | -

万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ [松岡圭祐]

主人公・凜田莉子の「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズ第5作です。
この作品は2010年8月に刊行されました。
前作から2ヵ月後に刊行され、この作品から以降、2ヶ月毎に刊行されていくペースになりました。

お盆休みにパリ旅行を計画した凜田莉子を波照間島の両親が突然訪ねてきた。
そして、天然キャラで劣等生だった教え子を心配した高校時代の恩師・喜屋武先生が旅に同行。
さらにフランスで2人を出迎えたのは、かつて莉子がデートした同級生の楚辺だった。
一流レストランに勤める彼は2人を招待するが、そこでは不可解な事件が起きていた。
莉子は友のためにパリを駆け、真相を追う!

今回は初の海外、フランスのパリでの出来事でした。
大学時代に外国語学部でフランス語を専攻していたこともあり、フランスと聞くとかなり身近に感じてしまいます。
私の場合は、フランスといっても、学生時代に旅行でリヨン、パリとパリ周辺を訪れたことがあるだけですが...

この「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズはどれもだいたい同じくらいの長さの作品です。
ちなみに第5作は281ページ。
巻末には解説も全くなく、次回作品の予告だけが掲載されています。
このくらいのサイズであれば、通勤電車の往復とちょっと、つまり1日で読めてしまいますね。
非常に読みやすいというのもありますが、内容も面白いでのかなりのハイペースで読めます。

この作品は購入してすぐに読んだので、次回作までの2ヶ月がかなり待ち遠しかったですね。
その後も2ヶ月に1冊のペースで刊行されています。
しかも文庫書下ろしということで、作品の刊行=即文庫で刊行、というのも非常に嬉しいです。




nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | - 松岡圭祐 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。