So-net無料ブログ作成
赤川次郎 ブログトップ
前の1件 | -

吸血鬼と呪いの古城 [赤川次郎]

「吸血鬼ドックへご案内」に続く赤川次郎先生の吸血鬼シリーズ。
この作品は、2010年7月にコバルト文庫から刊行されました。
あいかわらず、あっさり読めるサイズです。

温泉旅行に出かけたエリカたち。
安さで選んだバスツアーはTVドラマで人気が出た武将の地元を訪れる内容。
そのため、現地では「歴女」たちでいっぱい。
プレハブで作られた「新築のお城」やドラマの小道具ばかりの博物館にうんざりするが、お城の裏手の古井戸から、時空を超えて苦悶のうめき声が聞こえて...!?
轢死の闇に葬られた事件を吸血鬼父娘が追う!

179ページの作品で3編を収録。
1ページの行数は少なく、挿絵も多用。
通勤電車の片道1時間程度で読み終えてしまいました。
推理でもなくミステリーでもなく、軽い赤川作品を読みたいかたはどうぞ。

この作品は2010年の作品です。
2011年7月に続刊が刊行されていて、次の作品は今年の夏頃まで待たなくてはいけません。
年に何冊かしか発売されない「Cobalt」という雑誌の掲載作品を集めたものなので、年1冊というのは仕方がないかもしれませんね。




nice!(64)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の1件 | - 赤川次郎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。