So-net無料ブログ作成
検索選択
西尾維新 ブログトップ
前の1件 | -

クビツリハイスクール [西尾維新]

すっかり特別装丁が気に入ってしまった「戯言」シリーズ。
第3弾は「クビツリハイスクール」です。
2002年8月に新書版で刊行され、2008年に文庫化されています。
カバーだけじゃなく、栞も特別装丁なのが良いですね。

知らない誰かと仲良くするためには絶対に守らなければならない約束がひとつだけ存在する。
その約束とは、相手に対して常に友愛の情を持つことだ。
つまるところそれがどういうことかといえば、知らない誰かと仲良くすることなんて結局は不可能だという意味なのだろう。
いや、そもそも、知らない誰かと仲良くしようだなんて考え自体が常軌を逸しているとしか思えない。
絵空事を語ることさえ自らに許さず、たったひとつの矛盾さえも生理的に見逃すことのできない誠実な正直者、つまりこの「ぼく」は、六月、人類最強の請負人・哀川潤に、およそ問答無用に引き連れられて、高名なお嬢様学校であるところの私立澄百合学園へと向かうことになった。

そして事件はその学園の中で起きる。

それは巻き込まれたと言えるかもしれないし、自ら渦の中へと飛び込んだと言えるかもしれない。

まあ別に、どう言い、どう言いつくろったところで、それはきっと意味がないのだろう。
だって起きた事件自体が、そもそも戯言みたいなものだったのだから...

今回もあいかわらず内容がよく理解出来ない内容紹介でしたね。
よくまあここまで回りくどい言い回しが出来るな~といった感じです。
キャラ設定、世界観が全く理解出来ない人はまず読み終えることは出来ないでしょうね~。
少しだけでも面白さを感じた人は、この際思いきって最終巻まで読みきることをお薦めします。

この作品は珍しく276ページという短いサイズ。
サクサクと読み進めて、かなりのスピードで読み終えたと思います。
まあ、もちろん細かい疑問、つっこみどころはスルーして、ですが...




nice!(69)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の1件 | - 西尾維新 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。