So-net無料ブログ作成
検索選択
今野敏 ブログトップ
前の1件 | -

潜入捜査 [今野敏]

久しぶりに新シリーズに手を出しました。
この作家の作品は、個人的にハマるものもあれば、完全に外すものもあり、なかなか新しいシリーズには手が出しにくいのですが...
先日、思いきって購入した「潜入捜査」。
2008年7月に新書版で刊行され、2011年2月に実業之日本社文庫から文庫化されました。
このシリーズはどうやらこの出版社から文庫化されるようです。

非情な手段でヤクザを叩きのめす、マル暴刑事・佐伯涼は突如、警視庁から異動を告げられる。
拳銃も手帳も取り上げられた佐伯の行先は「環境犯罪研究所」。
所長の内村は、産廃不法投棄に暴力団が関わる事例を説明、佐伯の力を必要とする。
佐伯家の祖先に始まり、佐伯自身も身につけている武術「佐伯流活法」を生かし、暴力団が支配する運送会社への潜入が命じられた。

警察から異動になった刑事ということで、普通の警察小説とは違う感じ。
主人公は古来の武術の達人という都合の良い設定。
潜入してヤクザをやっつけるお話ですね。
読み始めはちょっと外した感が漂っていたんですが、次第にのめりこんでいきました。
意外といえば意外に面白かったです。

もともと単行本ではなく新書で刊行されている作品です。
お値段的にはさほど差はありませんが、一応シリーズで文庫化がされていくような感じなので、今後も続けて文庫化されてから購入していこうと思っています。
8月に2作目が文庫化され、既に購入済みです。
3作目は2012年になってからみたいですが、今後が楽しみな作品です。




nice!(32)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の1件 | - 今野敏 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。