So-net無料ブログ作成
検索選択
大沢在昌 ブログトップ

アルバイト探偵(アイ) [大沢在昌]

六本木の私立探偵、冴木涼介。
その一人息子の隆は高校生で、親父の仕事を手伝ってアルバイト探偵(アイ)として活躍します。
新規開拓のため、本屋で面白そうな小説を探しているなか、気になって購入しました。
作家はハードボイルド小説を数多く出している、大沢在昌先生です。

第1作「アルバイト探偵(アイ)」は短編集で非常に読みやすいです。
探偵もの、スパイもの、そしてハードボイルド作家が書いている、といったら、あまり好みじゃない感じかな~と思っていたのですが、読んでみると...か、軽い...
主人公の冴木隆がとにかく軽いです。
ストーリーのテンポも軽快で一気に読むことが出来ます。
シリーズ最新作の「帰ってきたアルバイト探偵(アイ)」は600ページもある長編でしたが、サクサク読めてしまい読後感もなかなか良かったです。

シリーズとしては6作刊行されていて、2006年の「帰ってきたアルバイト探偵(アイ)」を最後に新作は刊行されていません。
特に完結しているという感じではなかったので、このシリーズがもっと続いてほしいと思っています。
文庫化されたのは2006年ですが、新書で刊行されたのは2005年。
ということは最新作からもう既に5年がたっています。
このキャラクター、この面白さをここで終わらせるのはもったいないです。
続巻が出るのを期待しています。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
大沢在昌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。