So-net無料ブログ作成
日明恩 ブログトップ
前の1件 | -

そして、警官は奔る [日明恩]

以前に紹介した「それでも、警官は微笑う」の続編である「そして、警官は奔る」。
日明恩(たちもりめぐみ)先生の作品です。
684ページの大作です。

前回に引き続き、無骨な刑事・武本と彼の元上司・潮崎の二人が事件に関わっていきます。
第1作のあと蒲田署に異動となった武本。
親の力を最大限使えるようになるため、一旦警察を辞めて国家公務員Ⅰ種試験を受け警察庁への入庁の内定を取り付けた潮崎。
二人は、再び出会い、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追うことになった。

二人のやり取りは前作同様で、寡黙な武本に対して、うざいくらいにしゃべりまくる潮崎。
会話が多く読みやすい作品です。
分厚いのでかなり時間がかかりそうだと思っていたのですが、集中して読めたのでそれほど時間はかかりませんでしたね。

このシリーズ、単行本→新書→文庫という形で3回刊行されています。
第2作である「そして、警官は奔る」は、2008年に文庫版が刊行されました。
そろそろ続編出ないかな~、と思っていたところ、1月に何故か第1作が出版社を変えて双葉文庫から刊行されました。
そして、この第2作も2011年4月に双葉文庫から刊行。
別のシリーズ作品である消防士シリーズが双葉文庫から刊行されていることから考えると、講談社文庫から完全に双葉文庫に鞍替えするんでしょうかね~?
鞍替えするのは構わないけど、新作を出して欲しいものです。




nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | - 日明恩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。