So-net無料ブログ作成
検索選択
東野圭吾 ブログトップ
前の1件 | -

黒笑小説 [東野圭吾]

東野圭吾先生の「笑小説」シリーズで、「怪笑小説」に続いて購入した「黒笑小説」。
2005年4月に単行本で刊行された後、2008年に文庫化されました。
そして集英社文庫「ナツイチ2011」で対象となっていたので、即購入しました。

作家の寒川は、文学賞の選考結果を編集者と待っていた。
「賞をもらうために小説を書いているわけじゃない」と格好をつけながら、内心は賞が欲しくて欲しくてたまらない。
一方、編集者は「受賞を信じている」と熱弁しながら、心の中で無理だなとつぶやく。
そして遂に電話が鳴って...

この作品はタイトル通り、黒い笑いに満ちた短編集となっています。
この紹介にある「もうひとつの助走」をはじめ、13篇の作品が収録されています。
確かにどれも黒い笑いです。
人間の心の黒い部分がよ~く表れています。

同じようなタイトルのもう1作、「毒笑小説」はまだ読んでいません。
こちらもやはりタイトル通り、毒のある笑いが盛りだくさんなのでしょう。
また、先月、「笑小説」シリーズの4作目である「歪笑小説」もいきなり文庫で刊行されました。
いずれは購入するつもりでいるのですが、今のところはまだ保留にしています。

加賀恭一郎シリーズもまだ途中までしか読んでいないし、彼の作品はまだまだ読みたいと思う作品があります。
今はちょっと一休みというところですね。




nice!(65)  コメント(2) 
共通テーマ:
前の1件 | - 東野圭吾 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。