So-net無料ブログ作成
貴志祐介 ブログトップ
前の1件 | -

新世界より [貴志祐介]

以前からずっと気になっていてずっと買おうかどうか迷っていた「新世界より」。
貴志祐介先生の超大作です。
私が購入したのは新書版ですが...厚さ約5cm!
1ページに上下段があり、ページ数もなんと953ページもあります。
ちょっとした辞書並みです。

「新世界より」は独特の世界観で描かれています。
舞台は1000年後の日本。
「呪力」と呼ばれる念動力を持つことが当たり前になった人類は、「悪鬼」と「業魔」の伝説に怯えながら平和に暮らしていました。
そんな中、「呪力」を持つ子供たちが禁を破り、そして悪夢のような出来事が起きてしまいます。


ページ数が多く読むのが非常に大変でしたが、思っていたよりも早く読み終えることが出来ました。
内容的には...個人的にあまり好みではなかったですね。
ネット書店での内容紹介やレビューの内容から期待し過ぎていたというのもあるかもしれません。

なんとか読み終えたという達成感のようなものはありますが、内容についての読後感はあまり良くはなかったです。
別にホラーっぽいとかグロいとかそういった感じではないのですが...「これは面白い!」という感じでもなかったですね。


気がはやって購入しましたが、今月、上中下巻で講談社文庫から刊行されるようです。
買うまでは文庫になるのを心待ちにしていたのですが、読み終わった今となっては新書でも良かったと思っています。
文庫で買ったとしても、おそらく通勤用ではなくて自宅用になっていたと思いますので...




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | - 貴志祐介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。