So-net無料ブログ作成
山本弘 ブログトップ

神は沈黙せず [山本弘]

SF作家、ファンタジー作家である山本弘先生が2003年に出した作品、「神は沈黙せず」。
2006年に上下巻に分かれて文庫化されました。

「神は沈黙せず」は一言で言うとSF小説でしょうか。
主人公の1人称で書かれていて、世の中の不思議な現象、UFO、幽霊、カルトなどとにかくあらゆる超常現象について検証されていて、ものすごい情報量です。
こういうのが大好きな人にはたまらない内容でしょう。

私も少しは興味を持ったりしていますが、章ごとに超常現象のことが書かれていて、次から次へと話が変わるので途中から訳が分からなくなりました。
一応上下巻を通して、「神」について書かれている1つのストーリーがあるのですが、そのストーリーが全く霞んでしまうほど、いろいろなお話が語られています。

この作品は自宅で読んでいたのですが、章ごとに区切って読むことが出来たので、読みやすかったですね。
内容は難解な部分もあり、ストーリーをメインで楽しめなかったこともあり、評価は期待していたほどではありませんでした。
山本弘先生の作品は「MM9」に続いて2作目になりますが、この作家を理解するにはもう何作か読んでみないといけないなと思いました。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
山本弘 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。