So-net無料ブログ作成
辻村深月 ブログトップ

凍りのくじら [辻村深月]

ドラえもんの道具が出てくるということで、面白そうだと思って期待を込めて読んだ「凍りのくじら」。
作家は辻村深月先生、幼少期からドラえもんファンらしいです。
この作品は2005年に新書版で刊行され、2008年に講談社文庫から刊行されました。

「凍りのくじら」は各章のタイトルがドラえもんのひみつ道具になっていて、1冊を通したストーリーの中でそれぞれの道具を絡めた内容が描かれています。
まずドラえもんというだけで面白そうだと思って、レビューや裏表紙でもストーリー的なところは書かれていなかったので、読む前はかなり期待をしていました。

が...個人的には好みじゃなかったですね。
う~ん、何でしょうか、人間心理の泥臭い部分も描かれていたりして、こういうのはあまり読みたくない感じです。
ドラえもんのひみつ道具がストーリーの中で出てくるのですが、それを以ってしても面白いと感じるには至らず、結局ストーリーのみで個人的な評価を下してしまった感があります。

他の作品も一応まだ読みたい候補ではあるのですが、ちょっと次の作品に手が出せないでいます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
辻村深月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。