So-net無料ブログ作成
検索選択
福井晴敏 ブログトップ

機動戦士ガンダムUC [福井晴敏]

新しいガンダムストーリーとして2007年に単行本で刊行された「機動戦士ガンダムUC」。
UC(ユニコーン)の名の通り、一本角を持ったガンダムが登場します。
作家は福井晴敏先生。
他の作品では、「亡国のイージス」「終戦のローレライ」「戦国自衛隊1549」が映画化されました。

「機動先生ガンダムUC」は、宇宙世紀元年に起きたとある事件を発端としたある秘密を巡る争いが舞台となっています。
宇宙世紀0096。
時代としては、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から続く世界です。


「機動戦士ガンダムUC」は単行本で刊行され、10巻で完結しています。
映像を見ていない作品を読むのは、1989年から1990年にかけて角川スニーカー文庫から刊行された「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」以来です。
あの作品も「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」後の世界が舞台で、初めてモビルスーツを操縦したブライト艦長の息子であるハサウェイ・ノアが主人公となったサイドストーリーでした。

映像を見ていないこともあり、純粋に読み物としてガンダムストーリーを楽しむことが出来ました。
ガンダムものには付き物である仮面の人物も登場します。
単行本で、しかも10巻もありましたが、かなりハマってわざわざブックカバーを作ってまで通勤電車でも読みましたね。


刊行されたのは2007年からですが、私が購入したのは2010年になってから。
まとめて購入して、全て読み終わってすぐ、角川スニーカー文庫から文庫版が刊行され始めました。
こんなのばっかですね~。
文庫版は2010年12月時点で7巻までが刊行されていますが、さすがにまた文庫版で購入する気にはなれません。

2010年3月には、アニメ化もされ、第1巻がDVD・Blu-rayが発売されました。
こちらのアニメの方は現時点でまだ第2巻まで。
何巻になるのか分かりませんが、購入して観てみたい衝動に駆られています。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
福井晴敏 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。