So-net無料ブログ作成
検索選択
中里融司 ブログトップ

戦国覇王伝 [中里融司]

一時期、仮想戦記小説にハマっていたことがありました。
その頃から日本史、特に戦国武将時代が大好きになり、いろいろな仮想戦記小説を読みました。
もちろん、史実は概ね把握している上でのことですが。

戦国武将の中でも私が一番好きな武将、伊達政宗。
彼を主人公とした仮想戦記小説が「戦国覇王伝」です。
作家は中里融司先生。
作家であり、漫画原作者であり、戦史研究家でもありました。
2009年に52歳の若さでお亡くなりになりました。
作品には非常に多くの仮想戦記もの、時代小説があります。
また自他共に認めるロボット少女好きだったらしく、ライトノベル作品も多く出しています。

時は戦国時代。
天下を統一した豊臣秀吉が没し、今まさに関が原にて天下分け目の大戦が行われようとしていたところから物語は始まります。
天下の趨勢を北の大地より睨み、徳川家康にはつかず豊臣秀頼に付いた伊達政宗が、天下に向かっていきます。
関が原の戦いに勝利した東軍は勢いに乗じて大阪城に乗り込もうとするが、そこには毛利軍を従えた豊臣秀頼の姿が...
世間知らずの子供と思えた豊臣秀頼が実は全てを把握し、徳川家康相手に堂々と渡り合うことが出来る実に聡明な子供であった。

「戦国覇王伝」は学研歴史群像新書から刊行され、全10巻で完結しています。
徳川家康と豊臣秀頼・伊達政宗の連盟との間で、史実とは異なる戦いが進行していきます。
伊達政宗が主人公と言うだけで読む価値があるのに、天下統一に向けて大活躍するところが面白くて、新書ながらもかなり早いペースで読み終わったと思います。

仮想戦記ものはこれまでに非常に多くの作品が刊行されていますが、こういった長編で、しかもきっちり完結している作品はなかなか見かけません。
私の中では、仮想戦記ものとしてはこの作品が1位2位を争うものになっていますが、今後も何か良い作品を見つけたら読んでみたいと思っています。
ただ...こういった仮想戦記ものって新書版ばかりなんですよね~...


SengokuHaouDen.jpg

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:
中里融司 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。