So-net無料ブログ作成
隆慶一郎 ブログトップ

一夢庵風流記 [隆慶一郎]

戦国時代の武将、前田慶次郎の人生を描いた「一夢庵風流記」。
時代小説作家である隆慶一郎先生の作品です。
もともとは、漫画「花の慶次」がすごく面白かったので、小説も読んでみたいと思ったのが最初です。

死ぬも生きるも運まかせ。
たった一騎で戦場に斬り込み、朱柄の槍を振り回す。
「天下のかぶき者」として知られた男、前田慶次郎。
織田信長に仕え、「槍の又左」と呼ばれた前田利家の兄、前田利久の養子である前田慶次郎(前田利益)は、親友の直江兼続と出会い、戦場を駆け抜ける。

「一夢庵風流記」は、漫画「花の慶次」とは少しストーリーや登場人物が異なっています。
「花の慶次」は絵が「北斗の拳」の武論尊だったこともあり、かなりハマりました。
かなり期待を込めてこの作品を読みましたが、やはり少しイメージが違いましたね。
個人的には「花の慶次」のほうが良かったです。
まあ...漫画と小説を比べてはいけないとは思いますが...


IchimuanHuryuKi.jpg

nice!(70)  コメント(6) 
共通テーマ:
隆慶一郎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。