So-net無料ブログ作成
検索選択
万城目学 ブログトップ
前の1件 | -

鴨川ホルモー [万城目学]

プリンセス・トヨトミ」を読んで他の作品も読んでみたいと思って購入した「鴨川ホルモー」。
作家である万城目学先生のデビュー作です。
この作品も映画化されていますね。
映画は見ていませんが。

このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。
祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。
ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。
戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。
前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。
「鴨川ホルモー」ここにあり!

裏表紙に書いてあるこの紹介。
読んでもさっぱり内容が伝わってこない、「ホルモー」っていったい何!?って感じでした。
映画化もされているので、ちょっとだけ期待はしていました。
感想はよくこんな突飛な内容を思いつくな~という感じでしたね。
正直、意味が分からないです。
一種のファンタジーですかね、これは...
まあ、よく分からないながらもそんなに悪くないとも思いましたが。

2010年11月には、この作品の続巻である「ホルモー六景」が刊行されています。
続けて読むにはちょっときついですが、いつかこちらも読んでみようかと思っています。




nice!(91) 
前の1件 | - 万城目学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。