So-net無料ブログ作成
検索選択
宮本昌孝 ブログトップ

みならい忍法帖 [宮本昌孝]

現代と忍者という設定に興味を持って購入した「みならい忍法帖」。
時代小説作家、SF作家である宮本昌孝先生の作品です。
1987年頃からはほとんど時代小説ですね。

高校2年生の風早隼、生来のお調子者の彼は自転車で日本一周の途中、伊賀上野の忍者屋敷でガイド美少女サヤカに一目ぼれ。
なんと彼女は本物の「くノ一」だった!?
隼はこの出会いをきっかけに、夏休み中、みならい忍者としてハードな修行を強制されるはめに...

内容は一風変わった青春小説という感じでしょうか。
軽い感じでストーリーが進み、あっという間に読み終えてしまいました。
まあ、読んだのはずいぶんと前の話ではありますが...
はっきりとは覚えていませんが、読後感はそこそこ良かったと思います。

この作品は、「みならい忍法帖 入門篇」という作品で、翌月に「みならい忍法帖 応用篇」が刊行されています。
2010年刊行なのでつい最近の作品です。
これを購入した時には、「応用篇」も購入するつもりでいたのですが...
読み終えてからもう10ヶ月になりました。
少し興味をなくしてしまっています。




nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:
宮本昌孝 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。