So-net無料ブログ作成
北野勇作 ブログトップ

かめ探偵K [北野勇作]

不思議な雰囲気の表紙に惹かれて手に取った「かめ探偵K」。
かめが探偵!?
ちょっと意味が分かりませんでした。
作家は北野勇作先生。
過去の作品ラインナップを見てみると、動物を題材にした作品がかなり多いですね。

街はずれに、寂れた博物館が建っていました。
なんの変哲もない建物ですが、その屋根裏部屋には、亀が住んでいるのです。
部屋の扉には、クレヨンでこう書かれています。

「かめ探偵K」

かめ探偵Kの仕事は3つ。
1つめは「甲羅干し」。
2つめは「かめ体操」。
そして3つめが「謎解き」。
依頼人が持ち込んでくる奇想天外な謎を、かめ探偵Kは甲羅の中で推理していきます。

この作品はメディアワークス文庫というところから刊行されています。
少しライトノベルっぽい作品が多いですが、読みやすい感じの作品が多そうで、いくつかの作品を既に購入済みです。

「かめ探偵K」は自宅読みだったのですが、1つの章が短めで、1日1章から数章ずつ読んで、数日で読み終わりました。
読み終わってもやっぱり意味が分かりませんでしたね。
かめを探偵にする必要はないんじゃないかなという感じのストーリーでした。
推理と言っても内容はかなり軽く、現代とは違う世界の物語という感じになっていて、ファンタジー的な物語でした。

この作家の作品は他には読んだことがありません。
以前は購入候補リストにあげていたのですが、今は1冊も入れていません。
まあ、なかなか本屋さんで見かけないということもありますが...




nice!(59) 
共通テーマ:
北野勇作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。