So-net無料ブログ作成
検索選択
水野敬也 ブログトップ

夢をかなえるゾウ [水野敬也]

以前にTVドラマで見た、「夢をかなえるゾウ」。
そこそこ面白かったのですが、その原作がついに文庫化されました。
作家は水野敬也先生。
1976年生まれのようで、結構若い作家さんなんですね。

ダメダメな僕のもとに突然現れた、ゾウの姿をして何故か関西弁で話す、とてつもなく胡散臭い神様、ガネーシャ。
聞けば、ナポレオン、孔子、ニュートン、最近ではビル・ゲイツまで、歴史上のキーパーソンは自分が導いたという...
しかし、その教えは「靴をみがく」とか「コンビにで募金する」とか地味なものばかり。
こんなんで僕は成功できるの!?

TVドラマは小栗旬が主役のを見たのですが、彼よりもガネーシャ役の古田新太が良かったですね。
文庫を読んでいる時も、古田新太のガネーシャを想像しながら読みました。
小栗旬はイメージできませんでしたね。
ストーリーはあってないようなもので、ガネーシャが出す課題を主人公がひたすら実践するという、その繰り返しだけの内容ですね。
ドラマで見た時は面白かったと感じたのですが、小説では...

ドラマを観た人はやっぱり古田新太のガネーシャを想像しながら読むと良いと思います。
そうすると、そこそこ読後感も良くなると思います、たぶん...




nice!(60)  コメント(4) 
共通テーマ:
水野敬也 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。