So-net無料ブログ作成
検索選択
竜騎士07 ブログトップ

ひぐらしのなく頃に 第一話 鬼隠し編 [竜騎士07]

「いくぜ!星海社」と銘打って、2011年1月に創刊した星海社文庫。
以前に紹介した「Fate/Zero」と同時刊行されたのが「ひぐらしのなく頃に」です。
第一話の「鬼隠し編」は上下巻になっており、1月と2月に刊行されました。
作家は竜騎士07先生。
ゲームのシナリオライター、小説家、漫画の原作者などといろいろと肩書きを持っています。


昭和五十八年。
のどかな雛見沢村に伝わる秘祭・綿流しに潜む決して犯してはならない禁忌に触れたとき、転校生・前原圭一の「日常」は「非日常」の惨劇(ミステリー)に一瞬にして染まっていく...


上巻は、まだプロローグという感じで、これからどういうふうにストーリーが展開していくんだろう、と期待感がある感じでした。
主要な登場人物、主人公とその周りの友達の会話がライトノベルっぽかったですね。
「正解率1%のミステリー!推理は可能か、不可能か?」というほどでもなかったかな。
読みやすいのでサクサク読めてしまいましたが、下巻への期待はありました。


昭和五十八年。
雛見沢の連続怪死事件に終わりはなかった。
村人が恐れ敬う「オヤシロさま」の祟り。
「鬼隠し」の惨劇は今年も二人の犠牲者を出し、転校生・前原圭一に襲いかかる!


物語の後半。
徐々に不可解な展開になっていき、ちょっと怪奇的な感じがしてきました。
これは自宅読みしていたのですが、夜中に読んでいてちょっとゾクっとしましたね。
日常の恐ろしさというか、人間の本性の恐ろしさというか、そういう感じですかね。
ストーリーは最後に向けてスピード感が増して、最後は一気読みでしたね。
ちょっと怖かったけど面白かったですね。

この作品は現在、第四話まで刊行されています。
第二話、第三話は上下巻、第四話は1冊です。
第×話とあるので話が繋がっているように思うのですが、どうやら一話毎にストーリーがリセットされるみたいですね。
登場人物や舞台は同じなのに、新たなストーリーとして成り立っているようです。
既に第四話まで購入済みで、現在は第二話の下巻を読んでいます。
読み終わるまでもう少しかかりそうですが、今のところ第一話ほどのゾクゾク感はありません。
これからどうなるのか楽しみですね。


 

nice!(104) 
共通テーマ:
竜騎士07 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。