So-net無料ブログ作成
検索選択
三崎亜記 ブログトップ
前の1件 | -

鼓笛隊の襲来 [三崎亜記]

「となり町戦争」で興味を持った作家、三崎亜記先生の作品、「鼓笛隊の襲来」。
2008年3月に単行本で刊行され、2011年2月に文庫化されました。
集英社文庫の「ナツイチ2011」を機に購入しました。

赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。
直撃を恐れた住民は避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。
やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で...

この作品は、表題作の「鼓笛隊の襲来」を含め、9編ならなる短編集です。
1編ずつが短いお話なので、自宅読みで1日1話読むのにぴったりです。
不思議な内容の「鼓笛隊の襲来」をはじめ、それぞれまあまあ面白かったです。
発想が面白いですね。
個人的には最初に読んだ「となり町戦争」より面白かったですね。

これで2冊目ですが、他の作品も読んでみたいと思っています。
内容紹介を読む限りではまだまだ面白そうな作品がありそうです。
現在3冊目をどれにするか検討中です。




nice!(62) 
共通テーマ:
前の1件 | - 三崎亜記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。