So-net無料ブログ作成
中村啓 ブログトップ

仁義なきギャル組長 [中村啓]

本屋さんでふと目に留まった作品「仁義なきギャル組長」。
ちょっと微妙な感じではあったのですが...
作家は中村啓先生。
2008年に「樹海に消えたルポライター~霊眼~」で、第7回「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞を受賞した作家です。

日本一の極道を目指す金崎龍子が15歳で興した金龍組。
企業のスキャンダルで小金を稼ぐ土門瑛太は、借金返済のため、龍子にあごで使われている。
ある事件を調べるうちに、政府の埋蔵金・M資金が絡んでいることを知った土門は、とんでもない事件へと巻き込まれていく。

購入する時にも微妙な感じを受けたのですが、読んでいるうちに更にその感じが増してきて、読み終わるまでにある意味で苦労しました。
これは失敗でしたね。
ストーリー的にも全く好みの作品ではありませんでした。
読み終わってまだそれほどたっていませんが、既に内容はほとんど忘れてしまっています。

昔々にデビュー作を読んでみようかなとも思っていたのですが、ちょっと悩むところですね。
同じ作家で2作続けて失敗はしたくないなぁというのが正直なところです。




nice!(49) 
共通テーマ:
中村啓 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。