So-net無料ブログ作成
清水保俊 ブログトップ

最後のフライト [清水保俊]

飛行機ものの小説を見るとつい手に取ってしまいます。
この作品もそうでした。
作家は清水保俊先生です。
元JALのフライト・エンジニアで、テスト・フライトの経験も多いそうです。

名パイロット、引退の日。
三十七年間空を飛び続けてきた男は最後のフライトで、父に憧れ同じ職に就いた息子を副操縦士に指名。
最初で最後の父子同乗フライトに臨む。
無事に終わってさえくれればとの願い空しく、NYを離陸後、最悪のトラブルが発生し...

帯には...

飛行機芸人カンニング竹山絶賛

「読み終えてすぐ、ジャンボ機に乗りたくてたまらなくなった」

とありました。

正直なところ、「そうかな~...?」という感じでした。
カンニング竹山が飛行機芸人というのも初めて知りましたが。
飛行機についての描写はかなり細かい。
コックピット内の写真も多用されていて、飛行機そのものが好きな人にとってはすごいと思います。
ただ純粋に小説として楽しみたいという場合、描写が細かすぎてストーリーがぼやけてしまい、逆に緊迫した状況が伝わってこなかったですね。
内田幹樹先生の「パイロット・イン・コマンド」シリーズのほうがはるかに良かったです。
ちょっと失敗だったかなと思っています。




nice!(69) 
共通テーマ:
清水保俊 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。