So-net無料ブログ作成
検索選択
三上延 ブログトップ

ビブリア古書堂の事件手帖 [三上延]

以前から気になっていて、先日やっと手に入れた「ビブリア古書堂の事件手帖」。
本屋さんでは結構見かけたんですが、ネット書店では一時期品切れ状態が続いていました。
結局ネット書店では手に入れられなかったので、会社近くの行きつけの本屋さんで購入しました。
ここでは注目作品のコーナーに置いてありました。
作家は三上延先生。
神奈川県出身のライトノベル作家です。

鎌倉の片隅でひっそりと営業している古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り
接客業を営む者として心配になる女性だった。

だが、古書の知識は並大抵ではない。
人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。
彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。

内容は紹介文にある通りなのですが、面白いのは4つの章のそれぞれが1冊ずつ、古書が題材とされているところですね。
その古書をめぐる物語が展開していく形です。
雰囲気としては、ちょっと懐かしい、昭和的な匂いがする物語でしたね。
読後感はそこそこ良くて、あと本がテーマということもあって、個人的には好きな作品でした。

これはシリーズ化するんでしょうか。
彼の他のライトノベル作品は全てシリーズ化されているようですので、これもシリーズ化するんじゃないかと思っています。
古書の数だけストーリーが作れるでしょうから、是非シリーズ化してほしいですね。
もちろん購入すると思います。




nice!(82) 
共通テーマ:
三上延 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。