So-net無料ブログ作成
我孫子武丸 ブログトップ

警視庁特捜班ドットジェイピー [我孫子武丸]

設定が面白そうだと思って発売前から購入しようと決めていた「警視庁特捜班ドットジェイピー」。
2008年6月に単行本で刊行され、3年後の今年に講談社文庫から文庫化されました。
作家は我孫子武丸先生。
1989年にデビューした推理作家です。

相次ぐ不祥事から、警察のイメージアップを図るため警視庁初の戦隊「警視庁特捜班ドットジェイピー」が結成された。
集められたのは、性格に難はあるものの、格闘、射撃、コンピュータの達人にして美男美女揃いの5人の警官。
一躍脚光を浴びた彼らだが、やがてその知名度が災いして重大な事件に巻き込まれることに。
はたして結末はいかに。

単行本で刊行された当時、どうやら話題になったようです。
帯や裏表紙には...

話題を呼んだ「怪作」が文庫化

とあります。

...まさに「怪作」でしたね。
要するに、戦隊シリーズをパクって、選ばれた5人がそれぞれ「色」で名付けられていて...
ストーリーは...はっきり言って度外視ですね。
面白いとか、そういうレベルではなかったです。
警察小説といえば警察小説なので、多少は期待していたのですが。

シリーズものではないようなのですが、シリーズ化されそうで怖い。
たぶん、続巻が出ても購入しないでしょうね~。




nice!(49) 
共通テーマ:
我孫子武丸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。