So-net無料ブログ作成
検索選択
石持浅海 ブログトップ

ガーディアン [石持浅海]

Wikipediaの小説家一覧から気になってピックアップした作家、石持浅海先生。
1966年生まれ、長編デビューは2002年の作家です。
彼の作品の中で一番気になっていて、先日購入したのが「ガーディアン」。
2008年8月に単行本で刊行され、2010年5月に光文社文庫から文庫化された作品です。

幼時に父を亡くした勅使河原冴は、ずっと不思議な力に護られていた。
冴が「ガーディアン」と呼ぶその力は、彼女の危険を回避するためだけに発動する。
突発的な事故ならバリアーとして。
悪意を持った攻撃にはより激しく。
では、彼女に殺意を抱いた相手には?

構成としては、「ガーディアン」の力を持っていた主人公、勅使河原冴の章、間章を挟んで、冴の子供の栗原円の章となっています。
冴の力は、子供の円にも引き継がれ、やがて遭遇する事件で...

この作家の作品は初めて読んだのですが、これは結構面白かったです。
特に、栗原円の章は緊迫感もあって、続きが気になって一気に読んでしまいました。
この作家の作品はたぶん全てが単体の作品でシリーズものではないのですが、シリーズ化しても少し面白いんじゃないかと思いました。
ネタとしてはこれ以上発展はしないかもしれませんが...

これ以降、他の作品はまだ読んでいません。
気になる作品はいくつかあるのですが、どれが良いか選ぶのに悩んでいます。




nice!(59) 
共通テーマ:
石持浅海 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。