So-net無料ブログ作成
検索選択
恩田陸 ブログトップ

ドミノ [恩田陸]

新規開拓をしようと手に取った「ドミノ」。
2001年7月に単行本で刊行され、2004年1月に角川文庫から刊行されました。
「発見!角川文庫2011」の対象作品です。
作家は恩田陸先生。
女性小説家で、この名前はペンネームのようです。

1億円の契約書を持つ締め切り直前のオフィス、下剤を盛られた子役、別れを画策する青年実業家、待ち合わせ場所に行き着けない老人、警察のOBたち、それに...

真夏の東京駅、28人の登場人物はそれぞれに、何かが起きるのを待っていた。
迫りくるタイムリミット、もつれあう人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが倒れていく!

登場人物が28人!
短い章毎に次々とストーリーが切り替わり、スピード感がすごいです。
あまりに切り替わりすぎて、多少読みにくかったものの、面白かったですね。
読後感も良かったです。
それぞれのストーリーが最後に絡み合う展開にハマりましたね。

この作家の作品は読むのが始めてですが、なかなか良さそうです。
他の作品も読んでみたくなりましたね。
今度、購入候補リストを更新する時に探してみたいと思います。




※こちらは単行本版です。

nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:
恩田陸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。