So-net無料ブログ作成
検索選択
樋口明雄 ブログトップ

爆風警察 [樋口明雄]

ずいぶん前から気にはなっていた「爆風警察」。
2010年12月に朝日文庫から文庫版が刊行されていたのですが、購入したのはつい最近です。
作家は樋口明雄先生。
作品は冒険小説SF小説からライトノベルまで様々な作品を書いています。

過激派「アジアの曙」の手で、都内を走るバス1800台のうち4台に爆弾が仕掛けられた!
腕は立つが「少々ワケあり」の人員が集まる警視庁の掃き溜まり部署、通称「特捜」の5人は、見えざる敵の魔手から東京を守りきれるのか。

警察アクション小説となっている通り、派手なアクションが出てきます。
相手も過激派との戦い1本で、ストーリーは1つの出来事をベースに進んでいきます。
そこそこ面白かったのですが、前置きが結構長いですね。
裏表紙に紹介されていたバス絡みの話は最後で、少し駆け足になっていた気がします。
ただ思っていたよりも面白かったです。

この作品は結構古い作品で、1999年に一度朝日ソノラマ文庫で刊行されています。
ほぼ同じ時期に第2作目も刊行されているので、近々第2作目の新装版も刊行されるんじゃないかと期待しています。




nice!(61)  コメント(0) 
樋口明雄 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。