So-net無料ブログ作成
川原礫 ブログトップ

ソードアート・オンライン アインクラッド [川原礫]

第15回電撃大賞にて「アクセル・ワールド」という作品で大賞を受賞した川原礫の作品。
2009年4月に第1巻が電撃文庫より刊行されました。
この作品は2002年、まだデビュー前に個人サイトを運営していた著者がサイト上に発表していたオンライン小説でした。
当時閲覧数は650万PVオーバーを記録していたようです。


クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の「死」を意味する...
謎の次世代MMO「ソードアート・オンライン(SAO)」の「真実」を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。

SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの「真実」を受け入れる。
そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城「アインクラッド」で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。

クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。
その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし。。。。。


ゲームが舞台でサクサク読めて、ボリュームも1巻は348ページと読みやすサイズです。
ゲームが好きな人はかなり楽しめる内容になっています。
それほどゲームが好きじゃない、ほとんどやったことがない人でも、小説として読むぶんにはなんら問題はなく、面白く読めると思います。
我が家では、子供はまだ小学2年生なので読めませんが、妻も面白いと言って読んでいました。

この「アインクラッド編」は、1巻が本編で、2巻が本編とはほとんど絡まないが、3巻以降で深く関わる人物に関するエピソードが収録されています。
数巻先にあと2つほど「アインクラッド編」に関するエピソードが収録されていますが、この2巻で「アインクラッド編」のほぼ全てが楽しめる内容となっています。

また、7月よりアニメ化もされていて、既に1クールが終わりかけのところにきています。
この作品は2クール予定されているらしいので、アニメとしては12月まで続くようです。

原作のほうは、続巻が刊行されているので、新刊を期待している作品の1つになっています。


 

nice!(90)  コメント(1) 
共通テーマ:
川原礫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。