So-net無料ブログ作成
碧野圭 ブログトップ

書店ガール [碧野圭]

読書好きだとどうしても本に関わる内容の小説も気になってしまいます。
2012年3月にPHP文芸文庫から刊行された碧野圭の作品です。
帯を見ると、「発売、たちまち重版!!」と書いてあるので結構人気なのでしょうか。


吉祥寺にある書店のアラフォー副店長・理子は、はねっかえりの部下・亜紀の扱いに手を焼いていた。
協調性がなく、恋愛も自由奔放。
仕事でも好き勝手な提案ばかり。
一方の亜紀も、ダメ出しばかりする「頭の固い上司」の理子に猛反発。
そんなある日、店にとんでもない危機が...


本好き、書店好き必読!と書いてあったのも購入のきっかけとなりました。
最初なんとなく読みにくいかな~とちょっと思ったのですが、読んでいるうちにどんどん面白くなって、後半は一気に読んでしまいました。
面白かったですね。

内容的には女性が主役のお仕事小説という感じですが、男性でも女性でも楽しんで読めるかと思います。
こういった小説ならこれからもどんどん読みたいと思いました。
続編があるような感じではないですが、またこういった本、書店を題材・舞台にした小説を読んでみたいですね。




nice!(102)  コメント(0) 
共通テーマ:
碧野圭 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。